« 油断大敵 | トップページ | 三代金光様 »

2013年2月 6日 (水)

体罰

高校の運動部や女子柔道の体罰が問題になっています。

私たちが子供の頃には当たり前だったように思います。

特に漫画でも「巨人の星」や「明日のジョー」といったスポ根が流行っていましたからね。

技術を根性で向上させていくというものです。

星飛馬の子供時代に付けていた養成ギブスや父星一徹の指導は今の時代ではDVと言われてもしかたありませんね。

そういう時代に成長した人が今は指導者として若い人を教えています。

当然自分の経験から指導するわけですから同じ方法をとってしまいます。

しかしそれを習う若い人にとっては育ってきた環境が違うのです。

言うならば昭和の指導を平成の子供に行なっているのですからね。

その時代や環境にあった指導方法が必用なのかもしれません。

肝心なことはどうすればその人が伸びるのかを考えることが大切なのですからね。

きっとこのようなギャップはどこでも起こりうることだと思います。

相手の立場を理解していきたいものです。


« 油断大敵 | トップページ | 三代金光様 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

下の者は優秀。
指導者は愚鈍。
国がひっくり返った時にも、責任者はでなかった。
分かっている。分かっている。皆、分かっている。
わかっちゃいるけど、やめられない。
なぜ、やめられないのか。日本人には、その意思がない。
意思は、未来時制の内容である。日本語には、時制がない。
意思のないところに方法はない。
日本人の意思を確かめることは難しい。
ア、ホレ、スイスイ、、、、、、

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://3379tera.blog.ocn.ne.jp/blog/


/

投稿: noga | 2013年2月 8日 (金) 16時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 油断大敵 | トップページ | 三代金光様 »