« 雛祭り | トップページ | 身にしみる »

2011年3月 4日 (金)

天地の働き

今朝の広島は真冬に逆戻りしたような寒さでした。

西の山は雪で白くなり橋の上も凍っていました。

ただ太陽が顔を出すとその日差しには春の温もりが感じられたのです。

思わず天地の厳しさと暖かさを両方感じた気がしました。

神様は何かを伝えるためにある時は凍てつくような厳しさで教え、そしてある時は太陽のように暖かく見守ってくださっているのです。

その天地の間に私たちは生かされているのですから、神様の思し召しに沿うような生き方をしていかねばならないのです。

春は目の前ですからね。


« 雛祭り | トップページ | 身にしみる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雛祭り | トップページ | 身にしみる »